뉴스종합범종교가톨릭개신교불교민족종교해외종교이슬람생활 종교인의 성경 분석탐방 기획
전체기사 Trend & View 마음을 비춰보는 포토에세이 종교지도자 칼럼 매일종교신문 공지 사항
편집  2021.03.04 [14:32]
每日宗敎新聞 日本語版
매일종교신문 공지 사항
안내데스크
신문사소개
광고안내
저작권문의
구독신청
불편신고
독자투고
제휴안내
개인정보취급방침
청소년보호 보호정책
기사제보
每日宗敎新聞 日本語版

ローマ教皇「現経済システム、人類の未来を保証することはできない」

「フランシスコ経済フォーラム」のメッセージ『現システムは地球の収奪。貧しい人々を排除するシステム』
기사입력: 2020/11/25 [10:28]  최종편집: ⓒ 매일종교신문
SAORI記者
트위터 미투데이 페이스북 요즘 공감 카카오톡
필자의 다른기사 보기 인쇄하기 메일로 보내기 글자 크게 글자 작게

 

「フランシスコ経済フォーラム」のメッセージ『現システムは地球の収奪。貧しい人々を排除するシステム』

 

ローマ教皇が、利益だけを追求する現在の経済システムでは、人類の未来を保証できないと述べ、新しいシステムへの転換を促した。

 

イタリアのライ(RAI)のニュースなどによると、教皇は現地時間の21日にオンラインで開かれた「フランシスコ経済フォーラム」に参加した青年たち向けた映像メッセージでこのように強調した。

 

教皇は「現在の経済体制は地球を収奪し、貧しい人々を排除するシステム」としながら「こうしたシステムは決して持続可能でない」と指摘した。続いて「地球村を保護し、改善するためには私たちのライフスタイルはもちろん、生産・消費のパターン、今日の社会を支配する力の構造などを変えなければならない」とし、利益にだけに焦点を合わせた経済モデルを捨てるべき時点だと述べました。

 

教皇はさらに、コロナ19の事態で誰よりも大きな苦痛を強いられている貧困層や疎外階層を救済しようとする努力と共に、彼らを経済システムの改編論議に参加させるべきだということも強調した。

 

コロナ19の影響で1921日の3日間オンラインで行われた今回のイベントは、フランシスコ修道会の創始者として生涯清貧な生活を送ったフランシスコ聖人の人生を再び見解し、皆を包容する新たな未来の経済体制を模索しようという趣旨で開催された。

 

(翻訳:SAORI記者)

ⓒ 매일종교신문. 무단전재 및 재배포 금지
트위터 미투데이 페이스북 요즘 공감 카카오톡
주간베스트 TOP10
배너
광고
광고
  안내데스크신문사소개광고안내저작권문의구독신청불편신고독자투고제휴안내개인정보취급방침청소년보호 보호정책기사제보보도자료기사검색
범 종교의 진정성을 두루 살펴 보고 이해함으로써 각 종교와 사회의 화평과 상생, 조화를 이룬다.
회장 이옥용 /발행-편집인 신민형 / 양형모 상임고문 / 편집국장 이부평 / 청소년보호책임자 강은나
우) 140-846 서울시 용산구 원효로 1가 70번지 (83길 21)
대표 전화: 02-703-8267 | 팩스: 02-3211-4419 인터넷 매일종교신문
등록번호:서울 (아)01319(범종교신문 등록 2009년 9월 1일,2013년 6월 15일 제호변경)
기사제보 : minhyung-s@hanmail.net
Copyright ⓒ 2009-2013 매일종교신문. All rights reserved.